聖徳太子だっけ
すごいよね、儒教だっけ仏教か?人が、どこで滞まってしまうか
知っていた気がする。それで
目上の人を敬いなさいとか、言ったような。これって、なんで?知識や経験が豊富??その分
いろいろ失ってるんじゃね、感性とか。人に年功序列を作ったほうが、力関係が
はっきりするってこと以上に成長していくつもりになれるってことだよね。衰退していく恐怖とか滅して
いくことやつまり質量保存の法則から抜けてないことに対する不安のような。混沌の反意として秩序がよくあげられるだろうけどそこは序があって平等と違う。
混沌の反意として平和ってのも違和感おぼえるんで秩序の反意がやっぱり混沌だとすると
秩序からはずれたら混沌にむかうから、ああ言葉遊びじゃなくて必然として
他人を敬え、の他人にあらゆる他人だとしても容易に幼い見知らぬ人間が範疇に入ってこないそんな気分は彼がつくったのかなあ。まあブッダとかでもいいけどw
[PR]
by amaranthe | 2006-06-19 21:24 | 詩林
<< VP2 >¥? >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31