場面
砂を弾く夕立の
煙い馨りに

茜紫 雲間
差し込む
誰が言ったか 天使の梯子

何秒 せいししていられた

もう 月が逆側に欠けていこうとも
気付けないのだろう
[PR]
by amaranthe | 2006-07-23 00:15 | 詩林
<< 夢 逃げてんだ >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31