贖う
するりと。ふっ、と。

逃げ出した風船。
手の届かない高さで振り向いた後、
小さくしぼんでいく様に、見えなくなった。


喚くボクに、もうひとつが与えられ、
しぼんだ幸せの分を贖えたはずはないのに、
泣き止んであげる程度には、
別の幸せの分を考えてあげた。
参考 天野月子「風船」
[PR]
by amaranthe | 2006-09-30 11:03 | 詩林
<< read and lead t... 捨々選択 >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30