a book
どんな悲しい物語の終り方より、
悲しく訪れる。無残に悲惨。

どんなにも悲しい物語の途中で、
挟まれたら二度と開けなくなるような、
栞。
死降り。

続きを読むこともできない。
現在を響鳴することもできない。
読んできたことを思い出すだけで、
確認もできない。
[PR]
by amaranthe | 2007-03-06 10:47 | 詩林
<< 相対性理論 封印-解き放たれるもの- >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30