蘇る。

人影がなく、人気のある街を徘徊したくなる。
そこの酸素には、この胸の空隙を埋める何かがあるはずだと。
夜から、明け方へ。
そうして次を迎えることが出来たなら、
持たずとも、たとえ持っていなくとも、
忘れ物はなくなるはずだと。
[PR]
by amaranthe | 2008-10-01 23:19 | 詩林
<< ARMORED CORE 4 ぎゃああああああああ >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30